《お役立ち情報》物件の下見で確認するべきこと

"一つの不動産屋へ足を運ぶと、そこには数多くの賃貸物件が紹介されていることでしょう。
しかし貴方が住みたいエリアの賃貸を探すのでしたら、その現地の不動産屋で賃貸探しをすると良いでしょう。コンセントの位置や数に不足はありませんか?また、電気を多く使う人は、電力の契約容量も確認しておいてください。
かなり昔に建てられている物件というのは、電気の容量が低くなっていることもあるので事前に確認をしておくようにしてください。

 

物件の下見ではまず部屋を一通り見て、汚れや設備などの破損がないかを細かくチェックしてください。
破損や汚れを発見した時には、実際に入居をする前に、全てを修復してもらわなければいけないのです。

 

現地調査では部屋の実際の長さを測って、間取り図にメモをしておくようにしてください。
実際に引越しをする前に、家具の配置を決める良い資料となりますので、現地調査に行く時にはメジャーやメモ帳を用意しておきましょう。"



《お役立ち情報》物件の下見で確認するべきことブログ:2019/7/30

メタボリックシンドロームと診断されたら、
減量が必要です。

でも一番大切なのは、
メタボにならないように日々の生活を送ることです。

メタボ健診が近づくと
食べる事を抜くなどといった
無理な減量をしようとする人がいますが、
それでは意味がありません。

メタボ健診は、痩せさせるのが目的ではなく、
健康な体へと導くことが目的なのですから、
健診の前だけ食べる事や日本酒を控えるのではなく、
長期的なプランで減量に挑まないと意味がないのです。

そのためにはムリなく継続して続けられるものを選ぶのが大切で、
中でも一番お勧めなのが、ウォーキングなどの有酸素トレーニングです。

有酸素トレーニングとは
十分な呼吸をしながら行うことのできる比較的軽いトレーニングのことで、
水泳やジョギング、エアロビクスなどがこれに当たります。

また、日々の生活習慣を見直すこともとても大切です。
規則正しい時間に食べる事を摂ることを心がけ、
肉や脂っこい食べる事はなるべく避け、野菜を多く摂ることを心がけましょう。

禁煙はもちろん、日本酒も控えめに!
一週間に1〜2日は休肝日を設けるのも効果的です。

ただ、減量も我慢ばかりでは続きません。
まずは無理のない範囲で出来るところから始めることが大切!
そして一度始めたなら、継続して続ける努力をしてみてくださいね。

今ではメタボ健診の義務化と言う追い風もあって、
色々な減量用品があふれています。
エアロビガールやエアロビガールなど運動系のものから、
ダイエットEXやダイエットフルーツ茶など、その種類も様々です。


このページの先頭へ戻る