《お役立ち情報》物件の下見で確認するべきこと

"一つの不動産屋へ足を運ぶと、そこには数多くの賃貸物件が紹介されていることでしょう。
しかし貴方が住みたいエリアの賃貸を探すのでしたら、その現地の不動産屋で賃貸探しをすると良いでしょう。コンセントの位置や数に不足はありませんか?また、電気を多く使う人は、電力の契約容量も確認しておいてください。
かなり昔に建てられている物件というのは、電気の容量が低くなっていることもあるので事前に確認をしておくようにしてください。

 

物件の下見ではまず部屋を一通り見て、汚れや設備などの破損がないかを細かくチェックしてください。
破損や汚れを発見した時には、実際に入居をする前に、全てを修復してもらわなければいけないのです。

 

現地調査では部屋の実際の長さを測って、間取り図にメモをしておくようにしてください。
実際に引越しをする前に、家具の配置を決める良い資料となりますので、現地調査に行く時にはメジャーやメモ帳を用意しておきましょう。"



《お役立ち情報》物件の下見で確認するべきことブログ:2019/11/14

ダイエットの大敵は、
甘い物や脂っこい食事だと言われていますが、
その裏側に潜む本当の大敵は、意外なことに「冷え」なのです。

なぜ「冷え」が
ダイエットの大敵なのかというと…

からだを冷やすと血液の循環が悪くなります。
血液の循環が悪くなれば、からだの防衛本能で、
皮下脂肪を貯め込んで寒さから身を守ろうとします。

皮下脂肪は、
内臓や女性にとって大切な子宮を外の刺激から守る
クッションのような働きをしていますが、
ダイエットという点から考えれば、
一度ついた皮下脂肪はとれにくいので考えもの…

また、
からだが冷えると基礎代謝も低くなり、
痩せにくいからだになります。

ですので、
皮下脂肪を貯め込まず基礎代謝をアップするためにも、
からだを冷やさないようにする工夫が必要なんです。

最近は、
エアコンが職場や家庭でもすっかり普及し、
夏でも冷え症に悩む女性が多く、冷え対策をすることは、
ダイエットだけでなく、健康なからだづくりにもつながります。

からだを冷やす原因はエアコンだけではありません。
食生活の乱れや過剰なストレス、
ホルモンバランスの乱れや運動不足なども、
からだを冷やす原因となります。

からだを冷やさないためには
まず、平熱を測ってみるのが一番です。
8時起きたらからだを動かす前に、
できれば何日か続けて測ってみましょう。

体温が36.5度以下だったら
からだが冷えている証拠です。

体温が低いと、排泄機能が低下し、
アレルギーや自律神経の乱れにもつながります。

もしも平均体温が35度台だったら要注意!
なぜなら、ガン細胞がもっとも増殖しやすい体温が35度なのです。

体温が低い方は、
積極的にからだを温めるようにしましょう!

このページの先頭へ戻る