《お役立ち情報》賃貸物件の管理が行き届いているか確認

"最近ではインターネットを利用することによって、とっても簡単に自分の求める賃貸物件を探すことが出来ます。
最終的には担当の不動産屋に連絡をすることになりますが、その電話対応が悪かったらそこを利用するのは避けましょう。入居者が居ないポストからチラシが溢れかえってしまっていて、床に散らかっている状況は管理が徹底されていません。
なので実際に物件を見学しに行く時には、物件全体を細かくチェックしていくようにしましょう。

 

賃貸物件を借りる時には、部屋の中だけではなく物件全体に管理が行き届いているか、チェックをするようにしましょう。
どんなに素晴らしい物件であっても、管理状態が悪い物件はお世辞にも良い物件と言うことは出来ないのです。

 

掃除の頻度は賃貸物件によって違いがありますが、タバコの吸殻や、ゴミが散らかっている物件はしっかりと管理されていない証拠となります。
お化け屋敷のように電球が切れていたり、クモの巣を放置しているような物件は、問題外と考えるようにしましょう。"

免許合宿の情報
免許合宿まるごと特集
http://www.menkyo-designer.com/



《お役立ち情報》賃貸物件の管理が行き届いているか確認ブログ:2019/5/16

「チョコ減量」って
みなさん聞いたことがありますか?

通常の減量と言えば、
「おやつをやめる」とか
「甘いものを控える」などのイメージですが…
この法は三食きちんと食べた上で、
チョコも食べるという
女性にとっては魅力的な減量法なんです!

チョコそのものは高カロリーなのですが、
脂肪分解酵素リバーゼの働きを抑え、脂肪が血液中に残るのを防ぐため、
結果として体脂肪率は上がりにくくなります。

また、チョコに含まれる
カカオバターは脂肪の吸収率がよいため、
同じカロリーのものなら、チョコを食べた方が
肥満につながりにくいと言われています。

食前にチョコを食べると、
血糖値がすばやく上昇するので、
食欲が抑えられるのも、肥満の予防につながります。

他にも、チョコには
集中力や記憶力を高める作用や、
疲労回復効果、血圧の上昇を防いだりする作用があり、
栄養バランスの取れた総合食品とも言われています。

チョコと言えば、
「甘い」とか「おやつ」とか、
ジャンクフードのようなイメージがありましたが、
実は全然違って、たくさんの効果がある食品なんですね。

ただし、減量効果を期待する場合は
カカオ含有量が70%以上のチョコを選ぶようにしましょう。

70%以上カカオが含有されていると甘みが少ないので、
普通のチョコとは、ちょっと違うように感じるかも知れません。

減量効果があるチョコ、
決して低カロリーな食品ではないので、
食べすぎには注意してくださいね。


このページの先頭へ戻る