《お役立ち情報》引越しの準備と当日の注意点

《お役立ち情報》引越しの準備と当日の注意点


《お役立ち情報》引越しの準備と当日の注意点
"世の中のどんな業界にも悪質行為をしている業者があるもので、不動産業界でも同じように悪質な業者が存在しています。
とにかく大切なのは不動産屋の担当者が親身になって一緒に物件探しをしてくれるのかということになります。貴重品や掃除用具などのすぐ使うものは業者に頼らずに自分で行いましょう。
特にパソコンなどの精密機械は自分のバッグなどに入れて引越しをするようにしてください。

引越しを業者に依頼しようと考えているのでしたら、早めに見積もりをもらうようにしましょう。
当日までにやるべきことはたくさんありますので、メモをするなり段取りを最初に計画しておくことが大切です。

引越しをする時には使わないものから早めに片付けていくようにしましょう。
いきなり引越し当日になって慌ててゴミの処理などをしていては、スムーズな引越しをすることが出来ません。"



《お役立ち情報》引越しの準備と当日の注意点ブログ:2020/1/28

僕は10年以上一緒に暮らしてきた
タバコを手放す決意をしました。

タバコ、やめられそうだな…
そう感じたきっかけは
僕にとって「タバコを吸う」という行為自体が
自分自身の「父を感じる」ことなんだな…
と気がついてからでした。

父はヘビースモーカーです。
幼少の頃、父の枕に顔を近づけると、
整髪料の匂いに押し込められたようにヤニの匂いがまじっている、
それを感じたときのほっとする気持ち。

僕の中でそれが「大好きな父」だと
認識していることに気がついてからでした。

僕が本当に好きだったのは、
この父の匂いではなくて、
父の屈託のない笑顔だったり、優しいエネルギーだったりしたのですが…

たっぷり過ぎる反抗期に
父なんか必要ないと、父から心理的に距離をとり、
父の中に見える嫌いな部分や、痛みや苦しみばかり見てしまった結果、
自分の心の中にいた
「好きなほうの父」を抑圧してしまっていたようです。

それでも、
幼少の頃は父が大好きで
父のひざの上や腕の中で
ほっとしたんだということは
抗えない事実として
僕の古い古い記憶の底にあるのでしょうね。

「大好き」を抑圧し感じないように無意識的に振舞う分だけ、
それを補完するように「ほっとさせてくれるタバコ」が
僕にとって不可避なものになっていったようです。

大人になり、父のことを理解し許し始め、
父に対して信頼を取り戻すことができ始めたときに
ふっと「タバコをやめられる自信」がついたようです。

本当に欲しかったのは、煙草の煙でなくて、
父を大好きで信頼できるという気持ちだったのです。

《お役立ち情報》引越しの準備と当日の注意点

《お役立ち情報》引越しの準備と当日の注意点

★メニュー

《お役立ち情報》重要な予算と間取り、そして場所
《お役立ち情報》設備や条件なども予め要チェック
《お役立ち情報》入居審査を経て賃貸契約
《お役立ち情報》引越しの準備と当日の注意点
《お役立ち情報》物件の下見で確認するべきこと
《お役立ち情報》重要な交通便と安全性の確認
《お役立ち情報》良い対応をしてくれる不動産屋を選ぼう
《お役立ち情報》設備のトラブルは管理会社へ連絡
《お役立ち情報》不動産屋の担当者と顔見知りになろう
《お役立ち情報》賃貸物件の管理が行き届いているか確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)デザイン性最優先で賃貸探し