《お役立ち情報》引越しの準備と当日の注意点

《お役立ち情報》引越しの準備と当日の注意点


《お役立ち情報》引越しの準備と当日の注意点
"世の中のどんな業界にも悪質行為をしている業者があるもので、不動産業界でも同じように悪質な業者が存在しています。
とにかく大切なのは不動産屋の担当者が親身になって一緒に物件探しをしてくれるのかということになります。貴重品や掃除用具などのすぐ使うものは業者に頼らずに自分で行いましょう。
特にパソコンなどの精密機械は自分のバッグなどに入れて引越しをするようにしてください。

引越しを業者に依頼しようと考えているのでしたら、早めに見積もりをもらうようにしましょう。
当日までにやるべきことはたくさんありますので、メモをするなり段取りを最初に計画しておくことが大切です。

引越しをする時には使わないものから早めに片付けていくようにしましょう。
いきなり引越し当日になって慌ててゴミの処理などをしていては、スムーズな引越しをすることが出来ません。"



《お役立ち情報》引越しの準備と当日の注意点ブログ:2019/11/20

奥さんがPTAの副会長をしていた頃には、
おれは副会長のご主人と呼ばれていました。

入れ替わりでおれが会長になったとき、
奥さんが会長の奥さんと呼ばれるようになるのに
そう日数はかかりませんでした。

いろんな行事で衆人環視の中に立つことによって、
顔を覚えられてしまいました。

道を歩いていると
見知らぬ方から挨拶をして頂くことが多くなってきました。

そんなある日の10時、
狭い道を横断しようと歩道の前に一人立ったときのことです。
信号は赤でしたが車は見えません。

以前のおれなら赤信号を無視して渡っていたでしょうが、
その時は信号のボタンを押して、青信号になるのをむなしく待ちました。
誰かに見られているというブレーキがかかったからです。

お子様の頃、父母に内緒で危ない冒険をしたとき、
父母には筒抜けであった経験があります。

父母には見られていないはずなのにと不思議でしたが、
誰かが見かけて父母のネットワークで知らせていたのでしょう。

地域のお子様にとっては知らないよその大人でも、
大人の方はお子様を知っていたのですね。

やがて見られているという思いが
悪さにブレーキをかけるきっかけになっていったようです。

「旅の恥は掻き捨て」という悪習は、
自分が知られていないという思いこみに発しています。

今のお子様たちは、
自分の住む地域でまるで旅人のようになっています。
父母のネットワークがすっかり消滅しているからです。

教育力というのは、
父母たちがお子様たちを見知っている地域にしか
備わらないものだと思います。
《お役立ち情報》引越しの準備と当日の注意点

《お役立ち情報》引越しの準備と当日の注意点

★メニュー

《お役立ち情報》重要な予算と間取り、そして場所
《お役立ち情報》設備や条件なども予め要チェック
《お役立ち情報》入居審査を経て賃貸契約
《お役立ち情報》引越しの準備と当日の注意点
《お役立ち情報》物件の下見で確認するべきこと
《お役立ち情報》重要な交通便と安全性の確認
《お役立ち情報》良い対応をしてくれる不動産屋を選ぼう
《お役立ち情報》設備のトラブルは管理会社へ連絡
《お役立ち情報》不動産屋の担当者と顔見知りになろう
《お役立ち情報》賃貸物件の管理が行き届いているか確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)デザイン性最優先で賃貸探し