《お役立ち情報》重要な予算と間取り、そして場所

《お役立ち情報》重要な予算と間取り、そして場所



《お役立ち情報》重要な予算と間取り、そして場所ブログ:2018/11/21


皆さん、こんちわ・・いやもうこんばんわか?まだか?

過食によって摂り過ぎた栄養が、肥満につながっている…
これは事実です。

だから、
「過食をやめないと、減量なんてとんでもない!」
そんな風に、皆さん思っていると思います。

でも、
過食って実際にこれで悩んでいる人の立場で見ると、
とっても高いハードルです。

これでは、当の本人にとっては
まず減量を始めるための壁が、
ものすごく高いものになってしまいます。

ならば、難しいところはとりあえず置いておいて、
「できるところ」から始めてみればいいのです。

過食を続けていても、別の方法で減量はできます。

例えば、体操。
過食をしていても、体操はできます。
最初は少しづつでいいのです。
肩凝り体操10回、肩凝り体操10回からで十分です。
散歩10分でもいいのです。
まずは始めてみましょう!

もともと体操の習慣がなかった人は、
これだけの体操をするだけでも、
筋肉が活性化されてきて、筋肉の代謝が上がります。
そして慣れてきたら、徐々に時間や回数を増やしていけばいいんです。

大事なことは、負荷や回数ではなく、「継続すること」です。
もっと言うなら継続できなかった時にでも「諦めないこと」です。
そうして行動していくうちに、
過食との距離もだんだん広がっていきます。

いきなりパッタリとやめようとするとストレスは溜まるし、
過食してしまった場合に自分で自分を責めてしまって、
減量を自分で挫折させてしまいます。

だからこそ
過食と上手くお付き合いしながら、
減量していく事が重要だと、おいらは思います。

フンガフフ
《お役立ち情報》重要な予算と間取り、そして場所

《お役立ち情報》重要な予算と間取り、そして場所

★メニュー

《お役立ち情報》重要な予算と間取り、そして場所
《お役立ち情報》設備や条件なども予め要チェック
《お役立ち情報》入居審査を経て賃貸契約
《お役立ち情報》引越しの準備と当日の注意点
《お役立ち情報》物件の下見で確認するべきこと
《お役立ち情報》重要な交通便と安全性の確認
《お役立ち情報》良い対応をしてくれる不動産屋を選ぼう
《お役立ち情報》設備のトラブルは管理会社へ連絡
《お役立ち情報》不動産屋の担当者と顔見知りになろう
《お役立ち情報》賃貸物件の管理が行き届いているか確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)デザイン性最優先で賃貸探し